1. >
  2. 私が思うキャッシング・カードローン

私が思うキャッシング・カードローン

私は利用したことはないのですが、悪質な会社があったり高い利子がついたりしてそうなイメージです。

もちろん、そんな事をしない会社もあるのは分かっているんですが最近話題になっている過払い金問題が発生したりしてしまい、それに気づかず結局損をしてしまう人もいると思います。

しかし、自分がピンチの時にはすぐお金を借りられたりできるの助かります。

人それぞれ何らかの事情があるでしょうし、自分の収入に見合った額を貸していただけるなら無理なく返済できると思いますし変に気を張って病んだりすることもないと思うのでそういう面ではいいと思います。

人生の転落

友人の話ですが。

最初は親族の借金の肩代わりでした。

お給料から援助していたのですが、生活費が足りなくなり、軽い気持ちでキャッシングしたのが始まりです。

ほとんど審査がいらず、簡単にお金が手に入り、それが災いして、1万が2万、2万が4万…と借入金額が増えていきました。

限度額まで借り、返済日が来てまた違う会社から借りて返す、いわゆる自転車操業状態になり、ついに闇金へ。

自宅はもちろん、会社にも取り立ての電話が入り、借金が明るみに。会社にも居られなくなり退職。

私のところに相談に来た時には、もう素人では太刀打ち出来なくなっていました。

結局、公的機関に誘導し自己破産。

問題は解決しましたが、その時を境にその友人とは全く連絡を取っていません。

たった1万のお金で、10数年の友情も無くしました。

キャッシングの恐ろしさを知る

知人がギャンブルにハマり、お金がなくなるたびにキャッシングを繰り返していました。

しかし、返済がおいつかず滞納やリボ払いへの変更でなんとかやりくりしてましたが、それも限界を迎え、利息が膨れあがってしまい自分だけでは返済し切れず、仲間みんなでお金を出し合って何年かかかって返済をした経験があります。

その知人からは未だに毎月わたし含め仲間たちに返済をしてもらっています。

キャッシングはお金が必要な時にとても助かりますが、返済の計画をきちんとたててからではないと大変な目に合う怖いシステムであると、わたしはその知人の体験から学びました。